• OSIsoftクラウドサービス: リアルタイムでデータを共有

    産業のデジタル化とグローバル化により、生成されるデータ量が増大し、その結果、データを活用する新たな機会も生まれています。そのデータを共有して使用することで、業務効率を高めて新しいビジネスモデルを支援する新たなアプリケーションを活用できます。それと同時に、クラウドによって、レポート作成や高度な分析、サードパーティ製アプリケーション向けのデータを集約するための、拡張可能で柔軟性の高い一元管理環境が実現します。OSIsoftのクラウドサービスは、PI Systemのデータを企業とコミュニティの人、分析、アプリケーションにリアルタイムで接続することで今日のデジタル変革のニーズを満たし、そのデータの価値を実感できるように設計されています。


  • PI Cloud Connect: PI Systemの多対多の接続

    PI Cloud Connectを使用すると、会社の内外のPI System間でデータを簡単に共有できるようになります。他のPI Cloud Connectユーザーがデータをサブスクライブできるように、これらのユーザーに対してデータをパブリッシュしたり、アクセス権を付与したりできます。PI Cloud Connectは、パブリッシャとサブスクライバが貴社に属していない場合でも、両者間の通信を確保して仲介します。

    詳細はこちらから

    PI Cloud Connectとは


  • 追加のクラウドサービスを近日リリース

    物理的および経済的により多くのセンサーとデータ収集デバイスの展開が可能になると、これまで以上に多くのデータを利用できるようになります。データの範囲は、産業プロセスのみならず、企業全体やベンダーとパートナーのコミュニティにも及びます。OSIsoftは、このデータを活用するため、顧客とパートナーが膨大な量のアセットとオペレーションデータをリアルタイムで収集、処理、共有するアプリケーションを展開できるよう支援する一連のクラウドサービスを新たに開発しています。

    関心のある項目を登録する

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software