• ビジネスソリューション

    ビジネスソリューション

    「計測ができなければ管理はできない。」

    - W. Edwards Deming

    高い信頼性と高速なセンサーデータ計測、つまりPI System™オープンインフラストラクチャによって実現されたものは、産業、企業、世界に革命を起こしています。アセット、システム、プラント、業務およびサプライチェーンにまたがる時系列のセンサーデータの関連性を利用して、企業のオペレーショナルインテリジェンスと全ビジネスの変革を実現に導きます。

  • プロセスの最適化

    データ主導型の効率についての洞察

    御社のような組織は、さらに高い効率をプロセスに導入したいという高まる要求に直面しています。ダウンタイムと減速をなくし、リスクを緩和して失敗を未然に防ぎ、効率の課題に対処するには、既存のプロセスの入出力に加え、変更がプロセスにどのような影響を与えるかをよく理解することが必要です。これにより初めて最適なスループットをもたらす改善の機会を見い出すことができます。

    PI Systemはアセットの取得や集約、共有、可視化および分析を行うことができ、プロセス改善につながる時系列の洞察や予測的洞察について組織全体でデータを処理することができます。

    詳細はこちらから >

    品質向上

    計り知れない貴重な洞察、迅速な対応

    質の高い生産とサービスを実現する能力により、企業を成功に導きます。品質の最適化には、製造のシステムとプロセスの完全な理解、つまり、集合データと統合データでしか達成出来ない理解が必要です。偏差が発生する理由や、変更がどのような影響をもたらすかについて答えを出すには、データが必要です。

    PI Systemにより、御社の組織は、品質をリアルタイムでモニタリングし、品質に影響を与える可能性があるイベントを特定して、影響を緩和するために迅速に対応することができます。また、複数のシステム、プロセスまたはバッチからの履歴データを活用することにより、品質に影響を与える要素を正確に引き出して分析し、それに応じて調整を行うことができます。

    詳細はこちらから >

    アセット正常性と
    アップタイムの向上

    ROAへの道

    従来型の暦や活用率に基づいたメンテナンススケジュールを活用している組織にとっては今がスマートメンテナンスパラダイムへの移行は大きなチャンスです。時間と活用量ではなく、ニーズとアセット正常性に基づいたメンテナンススケジュールを活用するため、スマートメンテナンスは失敗を最小限に抑え、コストを削減します。

    アセットのセンサーデータにアクセスできるPI Systemは、従来のメンテナンスアプローチからデータ主導型へと組織を変革することができます。また、履歴データのメンテナンスを活用することにより、エンジニアは、アセットが失敗するタイミングをより正確に推測し、失敗が生じる前にメンテナンスをスケジュールすることができます。同様に、エンジニアは、アセットに調整が必要なタイミングがリアルタイムでわかり、リソースを適切にスケジュールすることができます。

    詳細はこちらから >

    エネルギー効率の向上

    電力の活用効率の向上

    エネルギー活用量は、あらゆる業務で最もコストがかかる要素の1つです。効率性と利用方法を少し変更するだけで、コストが大幅に変化する可能性があります。また、世界中の組織がエネルギーの活用量を削減し、プロセスでコスト節約を実現するのを支援するために作成された新しい国際ガイドラインISO 15001を満たすため、多くの企業が努力しています。

    PI Systemによりエンジニアとオペレータは、オペレーション全体のアセット、システム、業務のエネルギー活用データを用いて能力を強化することができます。時系列の洞察と現在の洞察を提供するデータは、エネルギー活用の改善において最強のツールです。このデータから、エネルギーが消費されている場所と時間が正確にわかり、適度に活用するための適切な措置を取ることができます。

    詳細はこちらから >

    リスク管理・規制準拠

    手動からデジタルへと変化するトラッキングおよびレポートの生成

    主要機関の複雑な規制を準拠は、時間と資源の深刻な浪費となる場合があります。多くの場合、問題の深刻化は、手動によるデータ収集や異種システムの結果発生する間違いや失敗が原因です。その結果、高額な罰金や遅延を招く可能性があります。

    PI Systemにより、履歴データやリアルタイムデータの一元化ができ、失敗しやすい手動でのデータ収集を回避し、迅速でタイムリーにレポート作成が可能となります。この結果、時間やコスト支出が大幅に削減されます。こうして最終的に、一貫性があり、正確で、基準を準拠したトラッキングレポートと規制レポートの作成が実現します。

    詳細はこちらから >

    安全性能の推進

    未然防止

    正常性、安全性、および環境の各規制 の強化やさらに予算も厳しくなるにつれ、安全性に関するイベントを予測し、高いコスト効率による新しい方法はが重要となってきます。

    PI Systemの高い信頼性データ集約機能と可視化機能は、過去および現在のシステムデータの情報から、安全性に関する問題や危険の可能性を未然に明らかにし、システムの予防措置や停止制御の設計基準を作成することができます。

    詳細はこちらから >

    アフターマーケットサービスの向上

    初期導入コストを最小限に抑えながら優れたサービスを推進

    産業機械を導入している企業は、アセット正常性の管理やプロセスの最適化、品質管理を社外の専門業者にますます頼るようになっています。御社が工業・産業向けサービスのプロバイダーの場合、OSIsoft Connected Servicesの導入により、御社の顧客の施設で時系列のセンサーデータにアクセスする拡張可能なデータインフラストラクチャを活用して、御社のカスタマーサポートの強化と収益増大に役立てることができます。

    Connected Servicesでは、サブスクリプションベースのモデルを活用しています。したがって、アクセス料金を全額前払いするのではなく、運営予算に応じて段階的にアクセス料を支払うことができます。この結果、御社と御社のお客様は、長期に渡ってコストを分散しながら、PI System導入のメリットを直ちに享受することになります。

    詳細はこちらから >
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software