背景イメージ・デザイン
2022年2月14日

AVEVA Data Hubはサブスクリプションベースのサービスとして提供されています

AVEVA Data HubはOSIsoft Cloud Services(OCS)の新しい名称です

企業は、効率、サステナビリティ、デジタルトランスフォーメーションを促進するため、リアルタイムのオペレーションデータをますます使用するようになっています。しかし、すべての関係者(特に社外の関係者)がデータにアクセスし、可視化するための迅速、安全、かつ簡単な方法を配備することが、最大の課題となっています。

業界をリードするオペレーションデータプラットフォームであるAVEVA PI Systemは、AVEVA Data Hub(旧OSIsoft Cloud Services (OCS))と呼ばれるクラウドベースのデータ管理プラットフォームによって、多くの業界セグメントの企業がこの問題を解決するのを支援しています。AVEVA Data Hubは、クラウドソリューションとして、認定ユーザーに対し、ウェブブラウザからオペレーションデータおよび関連情報へのアクセスを提供し、遠隔地の従業員、設備監視などの産業サービスのプロバイダー、および共通の関心を持つパートナーのエコシステムと簡単かつ低コストで重要なデータを共有できるようにします。

産業向けに特化した設計

AVEVA Data Hubは、他のクラウドベースのデータ管理プラットフォームとは異なり、重要なオペレーションデータの大きな容量、速度、ばらつきを管理することで、企業の操業全体をサポートするよう特別に設計されています。Data Hubは簡単に拡張でき、オンプレミスのAVEVA PI Systemと完全に統合され、分散オペレーティング環境でリモートアセットとIIoTデバイスからオペレーションデータを自動的に収集できます。例えば、再生可能エネルギー業界の企業は、リタルタイムのオペレーションデータを共有することで、すでにメリットを享受しています。

価値創出までの時間を短縮

AVEVA Data Hubは、サービスとしてのクラウドベースのプラットフォームであり、AVEVAの専門家によって完全な管理が行われます。インストールもメンテナンスもいっさい不要です。企業は、数日や数週間ではなく、数時間のうちにデータの分析と処理を迅速に開始して、より深い洞察を得ることができます。 セーラム市のデータサイエンティストは、水道における有害有毒藻類ブルームの予測にAVEVA Data Hubを活用しています。

サプライヤーとの安全なデータ共有

AVEVA Data Hubを使用すると、企業は関連する一連のデータを主要サプライヤーとより簡単に共有でき、サプライヤーはリアルタイムの状態に基づいてサービスを提供できます。この機能により、状態基準保全(CBM)への移行とコスト削減の促進が可能になります。エンジニアリングサービス会社であるAllied Reliabilityは、Data Hub経由で振動データを分析することで、クライアントのダウンタイムを削減しています。

新しい産業製品の基盤

最もエキサイティングな機会の1つは、オペレーションデータを新しいサービスの基盤として使用することです。AVEVA Data Hubは、これまでは高価すぎる、または対処が困難と考えられていた問題を解決するために、他の新しいテクノロジーと併用されています。石油業界向けのテクノロジープロバイダーであるTendekaは、Data Hubが収集したセンサーデータを使用して、石油生産の停止を防止しています。

今回のリリースでは、AVEVA Data Hubがサブスクリプションベースのサービスとしてご利用いただけるようになったことをお伝えしました。これにより、企業はプラットフォームの使用状況をリアルタイムで確認し、予算管理を改善し、購入プロセスを合理化することができるようになります。

AVEVA Data Hubの詳細をご覧ください。

©2022OSIsoft, LLC