イノベーションと学術的パートナーシップ

私たちは業界の研究を加速し、未来の人材を育成しています。

PI Systemを使用してコンピュータ画面に触れる人

必要不可欠な産業向けの次世代のオペレーショナル・インテリジェンスを定義

ビッグデータや産業用モノのインターネット(IIoT: Industrial Internet of Things)といった概念を想像するよりずっと前に、当社は1980年代には産業界のためのリアルタイムな業務データの力を記録し、活用するツールの先駆者となりました。

今日も、当社の研究者、エンジニア、開発者は、オペレーショナル・インテリジェンスの未来を形成するためのサポートを続けています。イノベーションに対する当社の実用的なアプローチは、強力な業界、学術および技術パートナーシップに根ざしています。

イノベーションは部門に留まらない

イノベーションはOSIsoftの一部門の名称などではありません。ソフトウェア開発から、人材の誘致と育成まで、すべてにわたり当社のDNAの一部となっています。また、当社の研究開発プログラムでは、いくつかの重点分野に優先順位を置いています。

持続可能性、特にスマートエネルギーがその一つです。これは国連の打ち出した17の持続可能な開発目標(SDG's)の中心の5つです。私たちは、コミュニティや産業が二酸化炭素排出量とコストを削減できるよう、新しい方法を積極的に模索すると同時に、グリッドの回復力とセキュリティも保護しています。

当社は、分散型エネルギー資源(DER: Distributed Energy Resource)の導入と統合に関して、公益事業者やエンドユーザーの顧客と協力しています。また、IEEE、NIST、Linux Foundation (LF)などの組織とも提携し、エネルギーのイノベーションと持続可能性を加速し、拡大するための規格を開発しています。

例えば、LF EnergyとLF Edgeは、開発におけるリスク、時間、コストを削減することを目的とした2つのオープンソース・プロジェクトです。私たちは、認知されたオープン・フレームワークを通じて、IIoTとスマートエネルギー経済が加速する中、より広範なグローバルコミュニティと関わることを望んでいます。

ソーラーパネルと風力タービン

必須研究と教育の加速

PI Systemを使用することで、2025年までにカリフォルニア大学デービス校がカーボンニュートラルを達成するという目標を加速させると同時に、学生のための生きた研究材料となっています。

ご覧ください
学術パートナーシップ

データ教育は、業界の最も根深い課題を解決するための基盤です。カーネギー・メロン大学およびハーバード大学からドイツのRWTHアーヘン工科大学にいたるまで、当社はさまざまな方法で学術機関と提携しています。

当社のAcademic Hubを通じて、PI Systemソフトウェアおよびリアルタイムのオペレーションデータセットへのアクセスを提供し、貴重な研究と指導をサポートします。

多くの大学がPI Systemを使用して、キャンパスの運営を管理および最適化しているだけではなく、それは将来の産業プロフェッショナルのための現実世界のリアルタイム学習環境となっています。 

インターンシップ、学生のキャップストーン研究、UCバークレーのスカイデッキなどの学術インキュベーターへのサポートは、当社が産業の未来に投資するもう一つの方法です。

プロセス産業におけるデジタル変革: ロードマップ

プロセス製造プラントがうまく稼働し、すべての生産目標、安全性、環境基準、収益目標を満たすこと想像してください。チームはデータドリブンのビジネス改善に注力できるでしょう。あなたの会社が業界のリーダーとなり、ステークホルダーたちは報酬を得ることができるでしょう。

これらはすべて、既存のオペレーションデータの適切な使用と分析によって実現できます。プロセス産業におけるデジタル変革:ロードマップ、当社の専門家とパートナーがアドバイス、顧客事例、テンプレートなどをまとめて、進むべき道を示します。

出版社にアクセスして、オペレーショナル・エクセレンスを実現するための実践的ガイドの詳細をご覧ください。

プロセス産業のデジタル変革ロードマップ

イノベーションと学術パートナーシップに関するニュースと見解

プレスリリース

OSIsoft、分散型エネルギーリソース(DER)コラボレーションを発表

ブログ

OSIsoftとLinux Foundation: エッジの相互運用性

記事

化学工学研究所は学習曲線の先を行く

常にあなたのお役に立ちたい

当社は40年以上に渡り信頼できるデータを提供してきました。実際に、当社の最初の100社のお客様の内、95社のお客様が今でもなお、当社のプラットフォームを使い続けています。お客様のお役に立てることを願っています。

©2022OSIsoft, LLC