背景イメージ・デザイン
顧客事例

PI SystemがCEMEXのデータの平等化を支援

セメント製造企業Cemex
  • 課題
    データの標準化や、組織全体での幅広い利用ができていませんでした。
  • ソリューション
    PI Systemを使用して、オペレーションデータを効率化し、アクセス可能なダッシュボードと統合します。
  • メリット
    オペレーションデータはリアルタイムで利用可能になり、データ抽出プロセスは740数時間から1時間に短縮されました。

CEMEXは20年以上にわたってPI Systemを使用しています。CEMEXでの事例は、セメント製造施設のシンプルかつ独立したPI Systemから、同社のセメント製造管理システムの基盤へと、長年にわたり進化してきました。同社は最近、データを皆が平等に使えるようにすることに焦点を移しました。つまり、社内の人間が必要なレポートを入手して分析するのに、パワーユーザーや分析担当者に頼らずに済むよう、業務データを社内全体に配信することを実現しました。21か国に70か所の拠点を持ち、製品市場も成長する中、このデータ集中化プロジェクトは絶好のタイミングだったと言えるでしょう。

独自のグローバルアクセスを利用して、彼らが独自の分析を行い、種々のベンチマークをすべて開始できるようになればと考えています。私たちは、エンドユーザーすべてが独自のベンチマークを作れるようにしたいと望んでいます。
Rodrigo Quintero
CEMEXのオペレーションモデル兼企画担当マネージャー

コンテキストが重要

CEMEXのオペレーションモデル兼企画担当マネージャーであるRodrigo Quinteroは、PI System以前の同社のデータ状況が、多くの大手製造企業にとってありがちなものだったと説明しました。「各工場は、それぞれが設備もやり方も異なっていました。我々は、データインフラストラクチャの標準化、基準の設定、タグ命名法の標準化という”旅”に出ました。ご参考までに、通常のPI Serverにはセメントプラントごとに10,000~15,000のタグがあります。それを70拠点分掛け算してみてください。私たちが管理すべき情報は膨大です。」

CEMEXは当初、PI Systemを使用してこのデータを標準化していましたが、ユーザーにとって意味のあるデータにするために必要なコンテキストが欠けていることがわかりました。PI Systemを使った次の段階では、Asset Frameworkを使用して、そのコンテキストを設定しました。「その結果、すべての情報を報告するための標準的な手法ができあがりました。また、報告だけでなく、プロセス分析など、すべての情報がどのように分析されているのかを知ることができました」とQuinteroは述べています。「それは大幅な改善でした。」

作りさえすれば改善が見込めるのでしょうか?

当然ながら、データやコンテキストは、エンドユーザーがこのアプローチを採用してはじめて価値があります。CEMEXは、PI Integrator for Business Analyticsを使用してPI Systemからオペレーションデータを抽出し、組織全体で使用される最前線のレポートツールに統合しました。このプロセスにより、同社は、すでにユーザーが使い慣れたシステムを使用して、データ分析のニーズにすばやく対応できるようになりました。データ統合プロジェクトにより、社内ビジネスアナリストたちは、ルーチンのレポート作業ではなく、より複雑な作業を行えるようになりました。また、組織全体のユーザーが、作業や意思決定に対してより多くの自律性を持てるようになりました。

「レポートや種々のダッシュボードを提供することで、さらに要求は増えています。彼らはさらに分析やデータを求めるようになりました。70か所のサイトや地域オフィス、国々のオフィスまでサービス提供する能力はありません。そこからデータの平等化が始まります。」と、Quinteroは述べています。独自のグローバルアクセスを利用して、彼らが独自の分析を行い、種々のベンチマークをすべて開始できるようになればと考えています。私たちは、エンドユーザーすべてが独自のベンチマークを作れるようにしたいと望んでいます。それが当面の目標です。」

PI Integrator for Business AnalyticsCEMEXはPI Systemを使用して、既存のBIツールと統合した中央データソースを作成しました。このプロジェクトも同社のデータ平等化に含まれます。
知識こそ力なり

CEMEXの新たなプロセスが成果を生み出すまで、それほど時間はかかりませんでした。そのデータ抽出プロセスは740数時間から1時間に短縮され、Asset Frameworkによるデータの構造化により、シンプルで効果的なテンプレートを簡単に作成できるようになりました。「もはや複雑ではなくなったため、皆は情報抽出をすることに対して、圧倒されたり、尻込みしたり、やる気をなくしたりしません。」と、Quinteroは述べています。「レポートから結果を得るのに、1~2か月も待つ必要がないのですから。」

PI Systemを使用する多くの組織と同様に、CEMEXは、個別に利用していたデータベースやスプレッドシートをそれぞれ維持するのではなく、全員が同じデータを使用して作業することで、組織全体で「単一のデータソース」を持つというメリットも得ることができました。「皆が会話を始めています。」と、Quinteroは言います。「誰もが同じデータを見て、情報や経験を共有しているため、部門間にまたがるあらゆる障壁を打ち壊しています。」

CEMEXとPI Systemの詳細については、こちらをご覧ください。

グラフィック・デザイン・エレメント

常にあなたのお役に立ちたい

当社は40年以上に渡り信頼できるデータを提供してきました。実際に、当社の最初の25社のお客様の内、24社のお客様が今でもなお、当社のプラットフォームを使い続けています。お手伝いできることがあれば、ぜひお知らせください。

©2021OSIsoft, LLC