化学ペレット-Covestro
顧客事例

コスト削減が地球を救う:Covestro社、エネルギー管理とサステナビリティで大きな成果

大抵の場合、問題の原因が1つであることはほとんどありません。多くの企業と同様、ポリマー製造の世界的リーダーであるCovestroは、業界、地域、インフラストラクチャ、および運用にまつわる問題に悩まされてきました。このような問題を抱えたCovestroのプロセス管理技術部門の責任者であるFelix Hanisch博士は、2016 EMEA Users Conferenceの参加者に向けて、化学プロセス企業がどのようにPI Systemを利用して大幅なコスト削減を実現し、環境面で多大なメリットをもたらすことができるかを紹介しました。

縮小する市場での制約

以前Bayerの一部であったCovestroは、2015年9月に売却されて独立事業体になりました。約16,000人の従業員、1万点の製品、120億ユーロの年間売上高を誇る同社は、新興企業の典型的な問題と、多角的な親会社からのシステム、ポリシー、手順の継承に伴う独自の課題に対処しなければなりませんでした。

また同社は、業界共通の課題と欧州の化学市場特有の課題の両方に直面しています。化学プラントは長寿の大型資本資産で、30年も続く場合があります。「Covestroには、小さな国のGDPに相当する資産があります」と、Hanisch博士は述べています。化学産業特有の危険性とプラントの長寿命のため、イノベーションには物理的な制約があり、体系的な変更は困難です。サプライチェーンの変更にも問題があります。「生産プロセスは高度にネットワーク化され、交錯しています」とHanisch博士は説明します。いつ、どのように資材を出荷できるかを規制する輸送規制があり、サプライヤーが足りず、製造拠点が徐々に欧州から遠ざかっていきました。Hanisch博士が言うように、「よそでもっと安い業者を見つけたからといって、簡単に入れ替えることはできない」ということです。同時に欧州では、規制は増え続け、市場シェアは縮小し、ますます複雑で持続可能な製品を求める顧客によって業界は変化しています。

「安閑として、どの市場も参入ハードルが高いので、自分はこれまで通りにやっていこうなどとは言っていられないのです」と、Hanisch博士は言います。「特に欧州の化学産業ではそうです。」欧州における世界の化学製品市場シェアは、「過去15年間で33%から19%に縮小し、Roland Bergerによれば、今後も縮小を続け、資産は極東・中東・湾岸地域に移転する見通しです」と、Hanisch博士は述べています。

簡単にシンプルに始めることが、ビッグバン・コンセプトよりも成功をもたらすと、私は思います。
Felix Hanisch博士
Head of Process Control Technology

重要なのはデータ、コンテキスト、アクションです!

これらの課題に対処するためCovestroは、3つの分野における業務改善に注力してきました。それは安全性、コスト削減、品質改善です。Hanisch博士が言うとおり、「安全性が常に最優先です。工場の安全な操業に役立ち、支えるものは何であれ評価されます。同時に、コストを削減する必要があります。そして、工場を新設することなく既存の工場からより多くを引き出す方法の1つが、より高品質の製品を生むことです。」しかし、このような改善はサステナビリティも念頭に置く必要があります。Hanisch博士が説明するように「Covestroでは人・地球・利益が中心にあり、業務、サプライチェーン、生産ユニット、製品の出荷方法だけでなく、製品によって何が実現されているか、また製品の最終的な使用コンセプトも注視しています。」Hanisch博士は化学企業に対し、デジタル戦略を2つの軸に沿って策定するよう強く促しています。それは垂直統合とB2B統合です。博士によると、必要なデータを企業内でそれを必要とする人に利用できるようにすることを垂直統合の焦点とすべきです。それによってより的確な意思決定が行えるようになります。B2B統合の焦点は、バリューチェーンの中でサプライヤーや顧客とデータを共有し、「より良いアイデアとより良いサービスコンセプトを考え出すこと」にあるべきです。

プロセスと情報の改善にこの全体的な焦点を当てたHanisch博士は、企業全体に迅速に提供できる実用的な情報の必要性を強調しました。CovestroにとってPI Systemはソリューションのかなめです。当初Covestroは多種多様なシステムを利用してデータを収集・管理していましたが、徐々にPI Systemが標準となり、2007年にはOSIsoftとEnterprise Agreementを締結しました。この基盤が整い、Covestroは情報をより有効活用して、収益にプロアクティブな影響を与えています。

Covestro-節約-グラフCovestroはPI Systemを使用して、化学生産工場全体のエネルギー使用量をよりよく理解することができました。

モニタリング + フィードバックループ = エネルギー使用と排出量の削減

この一例がSTRUCTeseで、Covestroの3層エネルギー管理システムです。第1層のエネルギー効率チェックは、すべての生産プラントからPI Systemデータを集めて、分析・処理の専門家やオペレーターに送り、小規模な変更、大規模な投資、またはプラントの操業方法の変更をすればエネルギーを節約できる場所を見極めます。ここからHanisch博士は、Covestroは「明確に優先付けされたプロジェクトポートフォリオを手に入れ、投資予算を主導し、最有望プロジェクトが確実に行われるようにできる」と説明しました。2番目の階層は、オペレーター向けのオンライン監視ツールです。PI ProcessBookを活用し、仕様通りに稼働しているかどうか、またプラントのエネルギー効率がどのように改善できるかを、オペレーターに分単位で視覚的に提示します。第3層では、プラントの種類やプロセスの違いに関係なく、すべてのプラントのエネルギーと生産データが標準化され、経営陣は生産された製品1トンあたりの一次エネルギー使用量をプラントごとに比較できます。「もう隠れたものを探す必要はありません」と、Hanisch博士は言います。

このような変更は、単に情報へのアクセスを改善するだけでなく、Covestroの収益にも影響を与えています。2009年、STRUCTeseはヨーロッパでエネルギー管理システムとして認定されました。Hanisch博士が述べたように、このシステムは同社に多額の税金還付資格をもたらしました。それだけでなくCovestroは以下も達成しました。

  • 増産。
  • 2005年からエネルギー消費量を30%削減し、2030年までに50%の削減を見込んでいます。
  • 2005年からCO2排出量を生産量1トンあたり39%削減し、2025年までに50%削減を見込んでいます。

Hanisch Felix.、空中のPI:クラウド・コンピューティング、ビッグデータ、I4.0がプロセス業界にもたらすもの。 OSIsoft.com2016年9月27日。Web。2017年1月1日. https://resources.osisoft.com/Presentations/Keynote---PI-in-the-Sky--What-Cloud-Computing--Big-Data-and-I4-0-Mean-for-the-Process-Industry/

顧客事例を読む

グラフィック・デザイン・エレメント

常にあなたのお役に立ちたい

当社は40年以上に渡り信頼できるデータを提供してきました。実際に、当社の最初の25社のお客様の内、24社のお客様が今でもなお、当社のプラットフォームを使い続けています。お手伝いできることがあれば、ぜひお知らせください。

©2021OSIsoft, LLC