化学製品

化学製品製造施設と企業は、安全に運営し、環境基準に適合し、コストを抑えるために、PI Systemを活用しています。状態基準保全(CBM)、運用、制御のためのリアルタイムの危険認識等を含め、複数のソースからのデータ収集、継続的な最適化のための記録のシステムを提供します。 

  • 9
    世界トップ10社の化学企業のうち、PI Systemを採用している会社の数 
  • 1億ドル+
    お客様による価値の創出
  • 300+
    エンドツーエンドのソリューションのためのOSIsoftパートナー数

化学製品分野におけるPI Systemの優位性

異種のデータソース統合、老朽化する機器の寿命延長、品質基準の維持などの課題に対し、PI Systemはリソースの効果的な管理、サステイナビリティ目標の達成、コスト削減、生産性の増大に役立ちます。

滅菌服を着用した化学プラントの作業員

バッチデータおよび比較分析

連続プロセスおよびバッチプロセスにおける製品の品質と再現性を維持します。

Lubrizol社は多変量分析を使用して、プロセスのばらつきを低減し、サイクル時間を短縮しました。

コンピューターの前で滅菌服を着用し、顕微鏡で作業中のラボ技術者

サプライチェーンの統合

生産、品質、在庫のデータをリアルタイムに収集し、リソース計画を最適化。

Petro Rabigh社の従業員の3分の1以上が、継続的な生産監視にPI Visionを活用しています。

化学プラント外部

サステイナビリティとコンプライアンス

効率の向上、および排出物と水消費量を削減し、政府の規制と環境要件に適合させる。

Solvay社はリアルタイムモニタリングを使用して、環境規制へのコンプライアンスを維持しながら、排出物削減と事故防止を実現しました。

ヘルメットを着用しトランシーバーを持つ作業員

データアクセスを拡大

データのサイロ化を解消し、重要な生産情報へのアクセスを拡大。適切なデータを適切な場所に適切なタイミングで提供することにより、従業員によるプロセスの改善を支援します。

Covestro社はサイロ化を解消し、会社全体でデータを利用可能にすることで、エンジニアが異常を検出し、シナリオテストを実行するために、機械学習ツールなどの高度なアナリティクスにアクセスできるようになりました。

詳細を確認する
屋外の化学物質貯蔵タンクの列

リモートモニタリング:遠隔監視

リモートアセットの監視:どこにいても生産を監視し、リアルタイムで状況を把握できます。

大規模な化学会社が、世界中の生産工場でプラントの可用性を最適化し、障害を予測した方法について説明します。

当社のパートナーは、化学製品に精通した専門家です 

PI Systemは、導入から高度な分析やAIに至るまで、お客様のニーズに合わせて拡張できます。

PI System搭載

Emerson

Emersonは、グローバルな技術・エンジニアリング会社で、産業、商業、および住宅市場の顧客に革新的なソリューションを提供しています。

プレミアシステムインテグレーター

Rovisys

情報管理ソリューション、 製造自動化ソリューション、制御システムの統合、ビルディングオートメーション、ならびにエンタープライズおよび産業ネットワークの大手独立系プロバイダーです。

アライアンステクノロジーパートナー

Microsoft

PI Integrator技術を活用すると、Microsoft SQL Server、R Services、Azure IoT、Cortana Intelligence(Azure ML)などのMicrosoft ITシステムへのオペレーションデータの配信を自動化できます。

登録システムインテグレーター

KBC

潜在能力を最大限に発揮できるよう、クラウドベースの最先端ソフトウェアと専門的サービスを提供します。(旧Industrial Evolution)

アライアンステクノロジーパートナー

SAP

PI Integrator for Business AnalyticsはPI Systemから時系列データを抽出して、クレンジングし、形成するため、そのデータをSAP HANA®で簡単に活用できます。

登録システムインテグレーター

DLL

DLLは、1998年以来、ユーティリティ、トランスミッション、流通、紙・パルプ、水管理、製薬の各業界にリアルタイムソリューションを提供しています。

ご相談ください

当社の最初のお客様25社のうち、24社は今も当社のプラットフォームを活用しています。PI Systemのパワーをどのように活用しますか?

デモをリクエストする

PI Systemがどのようにお客様をお手伝いできるかを当社の専門家がご説明します。

©2021OSIsoft, LLC