鉱業、金属、および資材

世界中の鉱業、金属、および資材企業は、生産とプロセスを最適化するためにPI Systemを使用しています。状態基準保全(CBM)およびリモートオペレーション管理にも適用されます。PI Systemは、プロセスの効率性とアセットの信頼性を向上させると同時に、環境規制へのコンプライアンス、健康、安全を保証します。

  • 9
    Fortune誌のグローバル500社中、トップ10の採掘会社においてPI Systemを使用している企業の数 
  • 100
    PI Systemを使用している鉱業、金属、および資材業界のお客様のいる国
  • 1,400+
    世界中の鉱業、金属、および資材サイト

鉱業、金属、および資材産業界におけるPI Systemの優位性

隠れた能力を引き出し、エネルギー使用量を削減し、アセットのダウンタイムを最小限に抑えます。PI Systemは、材料の消費から最終製品までの生産ライン全体に関してリアルタイムのデータを提供します。リアルタイムのデータを使用することで、業務の最適化に役立つ洞察を得ることが出来ます。

採掘現場における遠隔操作の監視用のダンプカーと掘削機

遠隔操作

どこにいてもリアルタイムのデータで遠隔運用を常に監視できます。

AMMC社は、遠隔オペレーションセンターでPI Systemを使用し、収益を1億2,000万ドル増加させました。

詳細を確認する
がれきを運搬する金属および鉱業用ダンプカー

アセットのパフォーマンスと信頼性

状態基準保全(CBM)と予測分析により、採掘用の設備や機械の稼働を維持し、稼働時間を改善します。

PI Systemを使用して機械的故障の可能性をリアルタイムで報告することで、Syncrude Canada社は年間運用コストを2,000万ドル削減できました。

詳細を確認する
採掘のために土砂を持ち上げる掘削機

環境、健康、安全

規制を遵守し、事故やインシデントを回避します。

PI Systemにより、BarickGold社は、厳しい環境規制に準拠して、偏差を45%削減し、ファントリップを61%削減しました。

詳細を確認する
採掘施設の車両

生産性と改善

プロセスとサプライチェーンの効率性を簡素化および合理化します。

Unacem社はオペレーションパフォーマンスとプロセスを改善、および標準化して、1年で600万ドルの利益を増加させました。

流れ込む溶融岩

品質管理と分析

PI Systemは、生産過程全体でリアルタイムデータの監視、収集、および追跡を可能にします。認証と歩留まりのレビューを簡素化します。

PI Systemでリアルタイムの業務データ分析を使用することで、ArcelorMittal Long Products社は、スラブ鋳造の品質を向上させました。

詳細を確認する
採石処理工場

レポート作成と分析

プラント、鉱山、企業全体にわたるKPIとレポートの定量化と展開を合理化します。また、ベンチマークと比較のための共通の定義と計算を確立します。

セメント生成のオペレーションデータモデルを構成することで、CEMEX社は開発コストをかけずにデータ抽出時間を1か月からわずか5分に短縮しました。

詳細を確認する

当社のパートナーは、鉱業、金属、材料を理解する専門企業です

プレミアシステムインテグレーター

Radix

Radix社は、さまざまな産業分野で事業を展開しているエンジニアリングおよびオートメーション企業です。業界別ソリューション4.0: ビッグデータ、サイバーセキュリティ、IoT等をサポートします。

PI Core対応ソフトウェア

Senseye PdM™ | Senseye

Senseye PdMは、予測保守4.0のための主要なソフトウェア製品であり、Fortune誌に名を連ねる500の大手企業から信頼され、計画外のダウンタイムを削減し、保守効率を向上させます。

登録システムインテグレーター

BBA

BBA社は、カナダの独立系コンサルティングエンジニアリング会社で、国際的に事業を展開しています。このチームは、複数のエンジニアリング分野で高度な資格を持つ専門家で構成されています。

登録システムインテグレーター

Hatch Ltd

Hatch社は、従業員が所有する複数の専門分野にわたるプロフェッショナルサービス企業で、鉱業、エネルギー、インフラ分野に総合的なビジネスおよび技術サービスを提供しています。

ご相談ください

当社の最初のお客様25社のうち、24社は今も当社のプラットフォームを活用しています。PI Systemのパワーをどのように活用しますか?

デモをリクエストする

PI Systemがどのようにお客様をお手伝いできるかを当社の専門家がご説明します。

©2021OSIsoft, LLC