背景イメージ・デザイン
2018年11月27日

OSIsoft、PI SystemをAmazonのウェブサービスに導入、”PI Integrator for Business Analytics”、および”AWS Quick Starts for PI System”を実装

  • PI Integrator for Business Analyticsは、PI SystemのデータをAWSに送り、オペレーションデータとIoTデータをAWSに届けて、共有や高度な解析を行うための時間とコストを削減します。
  • AWS Quick Starts for PI Systemの導入により、産業法人は、PI SystemをAWSで迅速に展開・管理できるようになります。
  • 接続性とデータ共有度が拡大し、デジタル変革を加速化し、OT-IT格差を縮めます。

カリフォルニア州、サンレアンドロ発(2018年11月27日)- 業務インテリジェンスのリーダーOSIsoft LLCは本日、AWSに接続するための製品一式を発表しました。これにより製造業者、公益事業会社、その他法人顧客は、OSIsoftのPI SystemをAmazonウェブサービスで実行できるようになります。

PI Integrator for Business Analyticsは、PI Systemからデータを抽出、クリーン、送信して、ビッグデータやデータ科学イニシャチブの足かせとなるデータ準備タスクを軽減できるよう最適化されています。顧客によっては既に、PI Integratorの技術を効果的に利用して、高度な解析プロジェクトのデータ準備に要する時間を90%も削減した例もあります。

AWS Quick Starts for the PI Systemは、クラウド・フォーメーション・テンプレート、スクリプト参照アーキテクチャー、その他の技術で構成され、PI Systemのフル機能をAWSで迅速に発揮して管理します。顧客は最初にPI System Quick Startsを使用して、PI Systemのデータを企業全社にわたり整理統合し、遠隔地にある孤立したアセットをモニタリングし、新たな解析を業務に取り入れることで、例えば石油・ガス事業における「先行」価格設定シナリオを実行したり、プラント間で比較したりできます。

この発表はラスベガスのAWS re:Inventでなされたものです。AWS Quick Startsは2018年末に利用可能になる予定です。PI Integrator for Business Analyticsは、今年のハノーバー・メッセで内覧があり、今月利用可能になりました。

その内容

PI Integrator for Business AnalyticsはAmazon S3、Amazon Redshift、Amazon Kinesis Data Streamsに一体化でき、法人顧客はデータ科学実験をスピードアップし、異質なデータセットをビジネス・インテリジェンス向けに統合し、高度な解析の結果を実用化して意志決定を促進します。

Quick Startsは、セキュリティと高可用性に関するAWSのベストプラクティスに基づいて、AWSソリューション・デザイナーやパートナーにより構築されたもので、評判のよいソリューションをAWSで容易に展開することができます。基準展開では、主な技術が自動的にAWSクラウドに実装されます。ほとんどの場合、ワンクリックだけで済み、所要時間は1時間もかかりません。お客様は、テスト環境と実用環境のいずれでも数ステップで構築可能で、即使用可能になります。

PI Systemについて

OSIsoftのPI Systemはセンサー、デバイス、産業用プロセスから得られる膨大な業務データストリームをリッチなリアルタイムの洞察力に変換して、コストを節約し、生産性を上げ、首尾一貫した製品・サービスを創出します。

OSIsoftのお客様の中には、PI Systemの技術を利用して風力タービンの故障予測を行ったり、ロジスティクスを微調整することで、鉄鉱山の生産をわずか1年で1億2,000万ドル増産したり、国立ラボのスーパーコンピューター・センターの消費電力を削減したり、巨大都市の新規顧客数百万人に給水したり、医薬品の生産方法を一変したり、そしてビールの品質と一貫性を改善したりと、いろいろな例があります。1,000社を超える主要公益企業、世界最大級の石油・ガス会社の90パーセント、産業界のフォーチュン500企業の65%以上がPI Systemをそれぞれの運営に利用しています。

世界中で、20億を超えるセンサーデータストリームがPI Systemにより管理されており、中には2,500万を超えるデータストリームをモニターしているお客様もいます。

OSIsoftは、業務ヒストリアン/産業データの国際市場で首位の座を占めるサプライヤーで、ARCアドバイザリー・グループの最新報告書によれば、第2位の企業に規模で3倍以上の差をつけています。またARCの報告書には、OSIsoftが石油・ガス、精製、電力・公益事業、化学薬品、金属・採鉱、製薬製造、および水・排水の分野でも、また世界の4大地域市場でもマーケットリーダーであると記述されています。

「業務から得られるデータ、つまり化学反応器、トランスフォーマー、その他のデバイスから生成される情報は実に貴重です。それは企業が将来、競争に勝つ上で最も貴重なアセットとなります。ところがつい最近まで、その多くは工場のフロアや生産ラインに限られていました。一因は業務から出るデータの規模、範囲、複雑さにあります」とOSIsoftのIntegration Technologies、Cloud Analytics Practice担当役員のJohn Baierは語っています。「Amazonウェブサービスを利用することで、業務データの価値に掛けられていた鍵を開け、できるだけ多くの人が利用できるようにと望んでいます。」

OSIsoftについて

OSIsoftは、人々がデータを通じて世界に変革を起こすことに取り組んでいます。同社の中核製品であるPI Systemは重要業務に重点を置くデータインフラストラクチャであり、その使用事例には、風力タービンの故障予測、鉄鉱山の生産がわずか1年で1億2,000万ドル増加、国立研究所のスーパーコンピューターセンターの電力消費の微調整、巨大都市における数百万人の新規顧客への給水、ビールの品質と一貫性の改善などがあります。1,000社を超える主要公益企業、世界最大級の石油・ガス会社の90パーセント、産業界のフォーチュン500企業の65%以上がPI Systemをそれぞれの運営に利用しています。世界中で、20億を超えるセンサーデータストリームがPI Systemにより管理されています。

詳細については、www.osisoft.comをご覧ください。

連絡先:

Michael Kanellos
mkanellos@osisoft.com
(510) 877-9331

メディアからのお問い合わせ

OSIsoftのメディア向け広報
media@osisoft.com

グラフィック・デザイン・エレメント

常にあなたのお役に立ちたい

当社は40年以上に渡り信頼できるデータを提供してきました。実際に、当社の最初の100社のお客様の内、95社のお客様が今でもなお、当社のプラットフォームを使い続けています。お客様のお役に立てることを願っています。

©2021OSIsoft, LLC