• リスク管理

    リスク管理・規制準拠

    手動からデジタルレポートへの移行

    手動プロセスは、正確でコスト効果の高い規制準拠とレポート作成において最大の障害です。エラーが発生しやすく、リスクを高め、多くの人材と資金を必要とします。地域、州、そして連邦による規制が複雑になると、手動プロセスとデータの引き出しに関連する問題がより深刻になります。

    オペレーショナルインテリジェンスの実現に向けて。詳細 > ビジネスソリューションの詳細はこちら >

  • 現在、主要な業界では規制準拠とレポート作成のためのデータの収集、集約、処理にPI Systemを活用しています。プロセスを手動からデジタルに移行すると、迅速かつ一貫して正確な一元化した規制情報にアクセスできるようになります。その結果、確実で合理化されたコンプライアンスと、レポート作成およびコスト節約効果が実現できます。

  • 顧客事例

    TasWater

    電力・ユーティリティ

    OSIsoftのシステムインテグレーターであるNukonが、どのようにしてTasWaterと協働し、閉塞や流出が生態学的な災害となる前に、下水ポンプ場(SPS:sewage pump station)のデータによって閉塞や流出を特定し、これに対応する試験的プログラムの一環としてPI Systemの使用を開始したかをご覧ください。

    詳細はこちらから

  • ビデオ

    DONG Energy

    電力・ユーティリティ

    デンマーク最大の電力会社DONG Energyに勤めるAnders Røpke氏は、データアクセスへのアプローチを合理化し、意思決定をリアルタイム化することで達成できる大幅なコスト削減について語っています。またRøpke氏は、風力タービンの現場でのメンテナンスを減らすことによる健康、安全、環境(HSE)への影響の緩和についても取り上げています。

  • プレゼンテーション

    Genzyme

    製薬

    Genzymeは、希少で特殊な医療ニーズのある患者のために、変革的セラピーを発見・提供できるよう取り組んでいます。PI Systemを使用することで、Genzymeの製造実行システム(MES)が、例外によるレビュー用にバッチレコードを構成することが可能になるため、手動によるデータ入力の必要性を大幅に減らし、組織全体の精度を高めることができます。

    詳細はこちらから

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software