• クラウド接続性バナーv2

    クラウド接続性と分析の統合

  • エッジからクラウドへのデータソースの連携と統合

    他のクラウドからのIoTデータを、PI SystemやOSIsoftクラウドサービス内のデータと結合

    UFL用PI Connectorは、クラウドソースのデータをPI Systemにすでに存在するデータと統合するためのシンプルな配信ポイントを提供するRESTエンドポイントをサポートしています。

    IoTデータを、エッジからPI SystemまたはOSIsoftクラウドサービスに取り入れる

    OSIsoftメッセージフォーマット(OMF)は、他のIoTソリューション、非一般的なプロトコルのデバイスなどからのデータに対して、独自のデータ接続性ソリューションの作成を可能にするメッセージ規格です。

    詳細はこちらから >

    ベンダー、お客様、またはサービスプロバイダーとPIデータを交換

    PI Cloud Connectによって、VPNのセットアップや管理の必要性なしに、企業内または組織全体で、オンプレミスまたはクラウドベースのPI System間でのシームレスで安全なデータ交換が可能になります。

    PI Cloud Connectの詳細はこちら >

    クラウド分析をPIデータに適用する

    Microsoft Azure用PI Integratorによって、PI SystemやOSIsoftクラウドサービスからのデータを使って、高度な分析機能をクラウドに拡張することができます。ビジネスインテリジェンスツール、データ・
    ウェアハウジング、および機械学習アルゴリズム対応のデータ。

    その他のPI Integratorの詳細はこちら >

    レッドカーペット・インキュベーション・プログラム(RCIP)

    OSIsoftはMicrosoftと提携して、企業がPI Systemデータを準備してMicrosoftのクラウド環境へ送信し、
    ビジネスインテリジェンスと機械学習ツールで使用するのを支援しています。RCIPは、Barrick Gold、Toyota Motor Europe、Henkel、MPWiKなどで導入されています。

    詳細はこちらから >
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software